Japanese/Reader/第三夜/Part 6

From Wikibooks, open books for an open world
< Japanese‎ | Reader‎ | 第三夜
Jump to: navigation, search

Story[edit]

「遠慮しないでもいい」と小僧がまた云った。自分は仕方なしに森の方へ歩き出した。腹の中では、よく盲目のくせに何でも知ってるなと考えながら一筋道を森へ近づいてくると、脊中で、「どうも盲目は不自由で不可いね」と云った。

「だから負ってやるから可いじゃないか」

Don't hesitate, the boy said again. Reluctantly, I started to walk towards the forest. As I walked I began to think how a blind boy could know so much, when he said, Blindness is a handicap.

I am carrying you, so its OK.

Vocab[edit]

Clipboard

To do:

Kanji Kana English Notes
遠慮 えんりょ hesitate
小僧 こぞう boy
云った いった said normally written in kana
自分 じぶん myself
仕方なしに しかたなしに reluctantly
もり forest
ほう direction
歩き出した あるきだす started to walk
はら stomach
なか inside
盲目 めくら blind
何でも なんでも anything, everything
知ってる しってる know
一筋 ひとすじ straight
みち road
近づいて ちかづいて approach
脊中 せなか back normally writen 背中
不自由 ふじゆう handicap
不可い いけない no good normally writen in kana
負って おぶって carry on one's back
可い いい good normally writen in kana
第三夜
Part 1 | Part 2 | Part 3 | Part 4 | Part 5 | Part 6 | Part 7 | Part 8 | Part 9 | Part 10 | Part 11