Japanese/Reader/第三夜/Part 3

From Wikibooks, open books for an open world
< Japanese‎ | Reader‎ | 第三夜
Jump to: navigation, search

Story[edit]

自分は我子ながら少し怖くなった。こんなものを脊負っていては、この先どうなるか分らない。どこか打遣ゃる所はなかろうかと向うを見ると闇の中に大きな森が見えた。あすこならばと考え出す途端に、脊中で、「ふふん」という声がした。 Even though it was my own child, I started to feel afraid. Carrying him on my back, I didn't know what might happen to me. I searched for a place to get rid of him, and in the darkness I saw a big forest. At the instant the thought occurred to me I heard a sound from my back.

Vocab[edit]

Clipboard

To do:

Kanji Kana English Notes
自分 じぶん
我子 わがこ
ながら
少し すこし
怖くなった こわくなった
こんな
脊負って しょう
この先 このさき
分らない わからない
打遣ゃる うっちゃる
ところ
なかろうか
向う むこう
見る みる
やみ
なか
大きな おおきな
もり
見えた みえた
あすこ
考え出す かんがえだす
途端 とたん
脊中 せなか
いう
こえ


第三夜
Part 1 | Part 2 | Part 3 | Part 4 | Part 5 | Part 6 | Part 7 | Part 8 | Part 9 | Part 10 | Part 11