Japanese/Reader/第三夜/Part 2

From Wikibooks, open books for an open world
< Japanese‎ | Reader‎ | 第三夜
Jump to: navigation, search

Story[edit]

左右は青田である。道は細い。鷺の影が時々闇に差す。

「田圃へ掛かったね」と脊中でいった。
「どうして解る」と顔を後ろへ振り向けるようにして聞いたら、
「だって鷺が鳴くじゃないか」と答えた。
すると鷺が果して二声ほど鳴いた。

There were rice paddies on both sides. The path was narrow, From time to time the shadowy shapes of herons punctured the darkness.

"We've reached the rice paddies then" the kid on my back said.
"How do you know?" I asked while turning my head.
"Because a heron is squawking", he replied.
At that moment a heron squawked twice.

Vocab[edit]

Clipboard

To do:

Kanji Kana English Notes
左右 さゆう left and right
青田 あおた green (rice) paddy fields
みち road
細い ほそい narrow
さぎ heron
かげ shadow
時々 ときどき sometimes
やみ darkness, the dark
差す さす
田圃 たんぼ (rice) paddy fields
掛かる かかる to approach, come near
脊中 せなか back Old way of writing 背中
いった say
解る わかる understand
かお face
後ろ うしろ behind
ようにする make as if to
だって because
鳴く なく sing, cry, squawk
果たして はたして as expected
二声 ふたこえ two cries
ほど about


第三夜
Part 1 | Part 2 | Part 3 | Part 4 | Part 5 | Part 6 | Part 7 | Part 8 | Part 9 | Part 10 | Part 11